camilla・belle

プロフィール

本名 Emma Charlotte Duerre Watsonエマ・シャーロット・デューレ・ワトソン
別名 エム
生年月日 1990年4月15日(20歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 5フィート6インチ(169センチ)

10歳の時に友人と『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディションに参加。当初は遊び気分だったが、だんだんと真剣にオーディションに取り組むようになった。オーディションは8回受けており、エマの予想では2回くらいで終わると思っていたため、回数を重ねるごとにナーバスになっていた頃、ロン役のルパート・グリントと共に呼び出され、ハーマイオニー役に決定した[要出典]。 2001年に『ハリー・ポッターと賢者の石』でデビュー。以後、シリーズ6作目の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』まで出演している。6作目の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』と7作目の『ハリー・ポッターと死の秘宝』の2作品については降板する意向であったが、出演が確定した。
『ハリー・ポッターと賢者の石』と『ハリー・ポッターと秘密の部屋』での好演によりAOL最優秀助演女優賞に輝く。また、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ではイギリスの映画誌トータルフィルムの読者投票で最優秀新人に選出された。
「ステレオタイプにはなりたくない」とこの役を終えた後も役者として活躍したいという姿勢を見せている。2007年にはBBC制作のテレビ映画『バレエ・シューズ』に出演。2008年には『The Tale of Despereaux』で声優を務めている
[私生活 ]
父親が再婚しているため、母親が違う双子の妹(ニナとナンシー)[6]と4歳の弟(トビー)がいる。また、父親の違う弟も二人いる[7]。双子の妹達は『バレエ・シューズ』に出演している。
2006年にGCSE(General Certificate of Secondary Educationの略。英国の義務教育の終了証)を受けた[8]。エマは仕事と学校の両立で合格できるか心配していたが、撮影の合間に家庭教師とともに勉強に励み、優秀な成績をおさめて合格した[9]。2009年3月には、イェール大学、コロンビア大学、ケンブリッジ大学等の大学に合格を果たしたが、2009年秋からアメリカのブラウン大学に進学、リベラル・アーツ系の科目を中心に履修している(同大にリベラル・アーツという専攻はない。また、同大の学士課程は、入学時に何らかの学部には所属するのでなく、履修した科目により卒業時に専攻が確定するシステムである)。
趣味は友人や家族との会話、旅行、歌、踊り(ストリート、ジャズ、サルサ、社交ダンス。フェミニストである。ブラッド・ピットの大ファン。公式サイトでは好きな俳優としてジョニー・デップ、ジュリア・ロバーツの名前を挙げている
共演者のダニエル・ラドクリフと付き合っているという噂が流れたがエマ本人は完全に否定している。また、ラドクリフ以外にも
                             by wikipedia